新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年07月30日

昨今の石油事情…7(原油価格高騰)

7月29日yahoo毎日新聞の記事の抜粋より・・・ 


ガソリンの平均価格が1リットル=180円を超え、史上最高値を記録した影響で、レンタカーや駐車場の利用が落ち込んでいる。一方、ノロノロ運転が日常茶飯事の東京都内では、交通事故の減少や高速道路の渋滞緩和など思わぬ効果も出始めた。【町田徳丈、武内亮】

 「もっと燃費のいい車はないの?」。東京都江東区のレンタカー営業所にワゴン車を返却に来た中野区の男性(68)は、従業員にぼやいた。男性は月に2〜3回ワゴン車を借り、首都圏の得意先に絵画を運ぶ。「ガソリン代を浮かすために、走行距離や時間を考えて回らざるをえない」と嘆く。

 レンタカー大手の「ニッポンレンタカーサービス」(渋谷区)によると、燃費がよい軽自動車を選ぶ客が増えており、排気量の小さい1300〜1500CCの車種の利用も多い。2日前後だった平均使用日数も短くなってきていることから、6月の売り上げは1.2%減となった。

 台東区のJR御徒町駅近くの立体駐車場では利用率が最も高い正午から夕方の時間帯でも40台分のスペースが埋まることは少ない。管理業者は「売り上げは昨年より1割減。7月はさらに落ち込んだ」とため息をついた。

 駐車場業者約800社が加盟する全日本駐車協会(千代田区)によると、ガソリンが一斉値上げされた6月以降、利用台数は1〜2割減った。岡宏樹専務理事は「食料品の高騰で台所事情が苦しいなか、まず交通費を削減する家庭が増えたためではないか」と分析する。

 一方、都内の交通事故は減少し、高速道路の渋滞も大幅に緩和された。警視庁交通部によると、上半期(1〜6月)の事故件数(物損除く)は3万75件(前年同期比3990件減)。死者数も戦後最少の96人(同34人減)で、重軽傷者も3万4033人(同4273人減)だった。

 首都高速道路(千代田区)によると、東京線の1〜5月の平日午前11時の総渋滞距離は平均39キロで、昨年同期比12キロ短くなった。渋滞が特に激しい4号線(高井戸−三宅坂)は所要時間が約6分短縮された。

 警視庁交通部の園田清管理官は「マイカーの利用を控える人が増えて交通量が減少したのに伴い、事故も減ったとみられる」と話している。



私が言いたいこと・・・



消費者は大変賢いのだと言う事をもっと理解しろということだ!

消費者の3人に一人が本気で節約という行動を取っただけで、

私の試算では元売二社分くらいの売り上げが吹っ飛ぶ!

元売はいったいいくらで買った原油(クルード)を

ベースに計算しているんだ?????

石油連盟の公表されている金額は

各社の発表数字ではなく役所の合計数字と

注釈が打たれている。


そんなはずはない!!


G-G、D-D、スポット、先物・・どれをとってもNYMEXの価格を

参考にしなければいけない金額で

どこの元売が買っているというのだ!!



つい、先日韓国系の元売がロシア系の原油をスポットで引いたが、

残念ながら驚くべき価格で取引されている。

少なくとも、この業界では当たり前の価格であった。

誰も交渉の場でNYMEXやドバイなどの

市場の価格の話など出てこない・・・


本当に詐欺行為ではないのか??


国家備蓄している原油をどんどん出せば???

なぜ出さない???

漁業の燃料の補填に700億円以上の金をぽんと出すなら、

備蓄の取り崩しをまず先にやって、価格を下げさせろ!!

日本国政府は金銭感覚まったくない人種だな・・・


日本を壊すきか??


電力事業体をかばうつもりは無いが

元売も原油が上がって苦しいと言うなら

決算でも当然赤字になるはずだ!

なぜ最高の利益が出るのだ??

仕入れ原価が安過ぎるからだろう・・・


この状態は国家非常事態宣言

出されてもおかしくない!




昨今の石油事情…8へ続く


posted by 博 at 10:16| 東京 🌁| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

昨今の石油事情…6(原油価格高騰)



新日石は一連の原油価格高騰のあおりを受けて、

今までは十分に原油価格を反映しきれていない為、
今後は毎週一回価格の反映を行う…と発表、
その他各社も追随の見込み…




このニュースを読んで、すぐに思ったこと…

価格を押し上げる未転嫁分はどんどん上がっていくだろうな〜

数日前原油価格がバレル118ドルに下がった。

当然120ドル前後のスタンド表示

価格(165円レギュラー)にならないとおかしいではないか…



今まで値上げするときに出てきた原油市場の価格高騰のあおりを受けて

…云々の話が、

原油価格が下がった時にもスムーズに連動して行くんでしょうね???

期待できない。

便乗値上げの理由が無くなると、スタンドはだんまり…

いつものパターンなのだ。

これだけひどい状況に石油業界がなりつつあるのに

どこからも同情もされない…自らまいた種…



価格に対してリアルタイムに即応しているガソリンスタンドは

間違いなく繁盛している。せっかくあがった価格を下げるときに

気持ちよく対応できないこの業界は、本当に根性が曲がっている!



私たちはガソリンを買いに行っているのであって、おまけと称して

恨みまで売りつけるな!!!(怒)

一般によく言われる揶揄  親が親なら子も子である…

この石油業界にぴったりの言葉である。

利用客を騙して馬鹿にするのもいい加減にしろ!!(怒り心頭)


A 高騰の要因

ちょっと興奮してきて、言葉使いまで悪くなってしまった。

このブログを読んで頂いている皆さんの中には、

私と同じ石油業界にかかわって

いる方もいるかと思いますが、正直言って情けない世界です。


原油価格の高騰の要因のなかで、

確実にアメリカが中東(ME)諸国に負けてしまった事のひとつに、

原油決済の通貨は今まで当然のようにドルだったわけです。

それが今年の5月ごろ、イランがドルの決済をしない、(ユーロ)と

円に切り替えたのだ。かなり思い切ったことをしたと思う。

イラン-アメリカ-イラク-アフガニスタン問題は、根が深すぎる。

9.11の悲劇が突然降って沸いたわけではない。

その前に、ひとつの国の面子を

つぶすようなことを平気でアメリカはやり続けたのだ。


先ほども行ったが、恨みを買うことをやり続けていると

必ずその報いは来る。それは、個人であれ国家であれしかりだ。

そのころはまだアメリカも強気だったようだが、

今回、次期大統領候補のオバマ氏も中東に

すっ飛んで行ったようだが、

原油決済通貨からドルをはずさないでくれと懇願したに違いない!

それ位、決済通貨としてドルをはずされてしまうと

大変大きな通貨不安が発生するうえ、

ただでさえアメリカ国内の金融事情の悪さに拍車がかかり

株式市場に大きな打撃が出るのは必死だからだ。

弱いドルが生まれてくる。

この状況を、OPEC諸国は容認したのだ。

あのアメリカ派で有名なサウジもだ。



基本的に中東諸国はアメリカ嫌いだ。

今までのとった行動や結果を見ればうなずける。

あれだけ、引っかきまわした挙句、自国の利益のみに動いた。

西側と都合の良いときは同盟国だと騒ぎ、

自国の利益につながらない事は

(CO2削減のための国際会議では、

中国やインドと同等のレベルで非協力的行動をとる)

協力しないアメリカ…本当に身勝手な国だ。



私は個人的にこの状況は大変良い方向に向かう可能性があると思う。

それは、その具体的な話はまだ出来ないが、

その時がくれば当然話せるだろう・・・


一部のアメリカ系の投機マネーが大きく影響して、今回の原油高を

引き起こしていることがはっきりしたのだ。独り舞台を演じているアメリカ、

自国のことばかりを最優先してる国、どうーしようもない。

これだけ全世界に原油高騰の迷惑をかけたのだから、

ドル安ぐらいは当然の償いだ…


最近、ブッシュ大統領が突然、

イランと対話をはじめたいと動き始めている。

まったく政治家のやることではなく、まさに最低の政治屋のやることだ!

目先の金のために、石油メジャー(EM)の言うなりである。

ポリシー無いやつだ…

まったく、早くオバマ氏にバトンをタッチしたほうが良い。


日本に住んで、日本人として対応できていない状況は、

本当に残念で歯痒い!

信念を持ったのような政治家がほしい…日本に。



                   昨今の石油事情… 7 に続く


posted by 博 at 08:48| 東京 🌁| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

昨今の石油事情…5(原油価格高騰)

ここ最近の原油価格はもう狂っているとしか思えない。


高騰の要因 @

 
ある情報によると世界のメジャー達も新しい油田(油層)をなかなか見つけられないでいると・・・


なぜ?


以前は石油メジャーの巨大資本によってOPEC以外の産油国は、


意外に簡単に協力体制を取ってくれたのだが、ここ最近は特に苦労している様だ。


産油国の都合の良い条件を飲まされている。採掘後の利益分配の比率で・・・


大量消費国・中国はなかなか一般的なルール(世界の基準)に従おうとしない。


自分たちの都合の良い条件しか出してこない。本当にこれが厄介だ!


西側が言いたい事をこらえて1〜2度中国流のビジネスに付き合っても、永続きしない。


嫌気が差してくる。 あの巨大メージャーも数年前にいまを予測して手を引いてしまっている。


賢い選択であった思う。


今、中国では各県(省)単位で原油の買い付けも許可された。


買い付け数量を落としても、中小の石油企業と個別取引を可能にしてきている。


大事な大型油層の採掘権では、条件を西側にあわせて躍起になって入札を繰り返している。


しかし、現在では旧態の採掘(試掘)方法ではもう困難な地域が増えてきているため、


石油を出すまでに大きなコストがかかり始めている。

技術的にもかなりのハイテクを駆使しなければ


外れてばかりだ。採掘コスト倒れしてしまう。



インドについては今調査中である。わかり次第またお話できると思う。




さて、話を前に戻そう。


この2ヶ月毎週東京から愛知県と大阪府まで車で通っていた。トータル8500km位になる。


国道沿いのガソリンスタンドが、大変な数が店じまいをしていた。


毎週通るたびにまた一軒といった感じである。


偶然ではあったが、静岡県と愛知県の県境付近のスタンドで燃料を入れていたところ、


所長らしき人が今日で閉店であると告げてきた。数十年間営業してきたそうだ。


5月から2ヶ月間で客足が4割減ってしまった。と無表情に語っていた。


閉めるしかない。元売の言うように、新しいデザインでスタンド自体はきれいに整っていた。


決して見てくれが古ぼけているわけではない。

指導されるままにもっとも新しいシステムを採用している。


残ったものは最後にやった改装費用だそうだ。物件を手放し借金とチャラ・・・


何十年もがんばってきてたった数ヶ月の激変に耐えうる力を持っていないのである。



悲惨である。言葉が出ない

これが日本のガソリンスタンドのオーナー系の実態なのである。


今の日本のあちこちで見かける光景になってきている。


このまま行くと、日本という国の行く末を垣間見る光景のような気がする。



しかし、日本の元売の決算を見れば、過去最高の売り上げと利益が一時的に出ている。


先ほどのスタンドの経営者たちを何とかしないのが元売か?



ちょうどタイミング的には、日本の多すぎるガソリンスタンドを整理するための

格好のタイミングなのか?


おそらく社内ではその程度の話しか出てないのであろう・・・



明日はわが身

・・・企業の大小は関係ない・・・


思い知るといい現実を知らない大企業の諸君!!


突然、あなたの肩に、肩たたきの手が・・・


昨今の石油事情・・・6  へ続く



 

posted by 博 at 19:48| 東京 ☁| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

昨今の石油事情…4(原油価格高騰)



本当は買いたくないのに、いやいやながら買わざるを得ないもの、


それがガソリン・・・


人間社会を便利にしていくための車に使われているから。


いっそ行きたいところへ行くのを止めようか、


人が自分の心を癒やす為に、心に潤いを与える為に行動を起こすとき、


空間を移動し自分だけの別の場所を目指す。



この時、通ってきた沿線の人たちに排気ガスをぶちまけ、


関係の無い人たちへ負の影響を残してくる。


法律的には問題が無いかも知れないが、出来ればそうしたくは無い。


もう直ぐ燃費が30km/Lは当たり前という車が国産から順次出てくる。


少なくとも小型で車重が軽い車に乗り換えるのが私達にできることか・・・


そうすれば空気だけではない、道も消耗させることが少なくなる。


大きくて重たい車はすべてを破壊して行く・・・



二、三ヶ月前、アメリカのNY原油バレル当り120ドルを抜けた。
 
同時刻ドバイ原油は


110ドル東京原油109ドル・・・


先物五月の東京ガソリンが78.9円/L(石油税が52.3円+される)


合計で131.2円/Lが東京の原価。


これが証券会社の手数料やその他、スーパー特約店の利益等が乗って、


末端のガソリンスタンドに流れていく。


今日の時点でレギュラーガソリンが157〜158円/L、

差額は26〜7円もある。


 うそ〜〜


この利益は決して悪くは無い。 末端のユーザーには、殆んどの値上トークは


このNY原油の高騰が原因として説明されている。


燃料の先物取引がどんどん活況を呈してきている昨今では、


利益を出している会社は、間違いなく存在している。


まだ値上をしなくてもいいのに・・・




本当にガソリンを買いたくない!!


五月に入り石油税の戻しが始まり、全国的に完全に便乗値上げが


まかり通っている。


本当にむかつく・・・


ユーザーを無視し舐めたマネをし続けるこのやり方は最後は、

スタンド閉鎖という憂き目に
会ってしまう。


もうこうなったら戦争と同じくらい非常事態である。


国民一人ひとりがその意識(節約)を持った瞬間、


今ある42000件のガソリンスタンドのかなりが閉鎖か統廃合されていく。


早く見切りをつけて、他業種へシフトしたほうがよさそうである。


元売は自分達の生きる道を最優先している。


誰も助けてくれない。 物件の担保設定がされていないのであれば、


資金のゆとりがあるうちに業種変更が救われるのではないだろうか・・・


ねこぞぎ元売に持っていかれる前に。


                                                                            昨今石油情報 5 へ


posted by 博 at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

昨今の石油事情…3(原油価格高騰)


 

中東の石油資本のもくろんでいる未来・・・
 
日本国内の元売のある1社がこんな事を言っていた。


わが社の製油プラントは最新のもの(システムや設備、ソフトもハード)に、


今変更する為に工事が開始された・・・と


ところでいくらかかるんですか?


1製油所当り1000億円です!・・・と

 


簡単に1000億円????何処から出るの?


銀行はもう目一杯貸しているでしょう、貴方達に。

 


一年の決算が数兆円(一社)の売上げがあるのに、税引き後の利益は?


1%〜1.5%位しか出していないよね。


どうしてそんな大金準備できるんだろう? 


因みに日本に製油所が29箇所、近未来では25箇所程度に縮小、


更に2030年頃には15〜20箇所程度でおつりがきそうである。

 


今、正確に言うと、GS(ガソリンスタンド)等で売られた石油製品の総売上げが


26兆1500億円、そして


石油元売の全社の利益が2220億円・・・・0.85%位しかない利益・・・


背筋が凍る・・・(製品の値上しても体質は同じ)

 


石油会社での世界の平均が5.5%、欧州の優良企業達が8%、


上位の企業は11%を超える企業が拡大しているというのに・・・

 


誰か本気で日本の石油事情を革新的、劇的に変えようというマンパワーは


無いのか!!!


このままではやばい!!!!!!!!!!!   の一言です。

 


昨今石油事情 4へ


posted by 博 at 04:53| 東京 ☀| Comment(0) | 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

昨今の石油事情…2(原油価格高騰)

 
最近の石油価格の高騰は異常事態であると思う。


私が中学生のときに、1バレル3ドルだった。

今日の時点で1バレル140ドルだ。


中学当時は1ドル360円の固定相場だったので、

1バレル(約159L)が約1000円、


当時の大学卒の初任給がまだ2万円台だったのを覚えている。


今の相場で言うと、円ベースで1バレル12000円、

なんと12倍の価格になっている。


ドルベースだと45倍位になる訳だが、

この価格上昇分は全部、産油国の懐に入っていく・・・




世界のこのオイルマネーは今更言うまでも無いのだが、

最近の急上昇で大きな額が
産油国に蓄えられている・・・

そしてその金が次なる投資へ流れているのである。



産油国、特に中東(ME)の埋蔵量は刻一刻と減少をしている、

近未来に枯渇の憂き目に
会うことを予想して,

彼らは既に準備を開始しているのである。




日本人である我々からは出てこない発想・・・

を彼らは持っているだけでなく、実行・行使してくる。



今、日本の国家予算(約84兆円)の約二倍の大きなお金が

確実に世界の金融市場や
会社のM&Aに流れている。

日本の上場大手会社も既に何社もそのお金で、筆頭株主に


なっているケースが見受けられる。




中東の数カ国の資金の合計が150兆円くらいは既に動いていると・・・・


恐ろしい話である。会社の実権を取られてしまう、

いや、経営の怠慢が招いた必然といっても


いいかも知れない。




彼らは石油関連企業を世界でネットワーク化を図っている。

これから10年後には
あのEXXON・MOBIL社を、

優に超える巨大石油関連企業が出てきそうである。


それだけではなく重要な国の金融機関の経営も手中に入れてきている・・・




そしてこの行動の指揮を執っている連中は、

国王の系列、二代目から三代目くらいが現状の


ようである。因みにアラブのある国では28歳程度の王子さんが旗を振っている・・・




アラーの神様のおぼし召し・・・黒い金塊

・・・原油は今までも、そしてこれからも重要な戦略物質で


あることに間違いはない。




昨今石油事情 3 へ続く


posted by 博 at 22:32| 東京 🌁| Comment(0) | 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

昨今の石油事情…1(原油価格高騰)



どうしてこんなに石油が高くなったんだろう


本当の事情を知っている人は日本に何人位いるのだろう


そして事実をどの位発表しているのか?


その事実がわかったら戦意喪失か・・・

日本の石油会社の過去からの戦略というも


のに意味が無くなる


今、特約店(GS)はどんどん潰れていく・・・


石油会社は特約店がお荷物になっているのか?


赤字の会社はさらに赤字へ・・・

挙句の果てに潰れるしかないなんてどうすればいいんだ?




設備を抹殺して行かなきゃ即、つぶれてしまう現実・・・


そんな状況の世の中


なんとかしなくては!!悠長にかまえていてはいけないんだ


トヨタ自動車は世界一のメーカーと言われている 


だからといって、日本人はそれは当たり前だと思わず、


自分達もトヨタの戦略、経営を勉強してみるのもいいことだ


電機業界が松下やソニーを勉強するように、車業界はトヨタを勉強する


しかしイメージや上っ面だけの勉強ではなくて、


一番の会社の戦略方法や理由、


状況をもっと深く勉強してみるのもいいことだ


会社の経営者、特約店の店長、従業員だって・・・


大手の経営方針の勉強とともに、


失敗して飲み込まれていった企業達の勉強もしなくてはならない


明日はわが身なのだ


石油価格が上昇したからって値上げばかりしては


お客様も離れていく・・・だったらどうすればいい?


負けるな


戦略を考えろ


と私も今、生き残ろうと必死な状況なのである


これからここでいろいろ意見をぶつけてしまうが


ちょっと大胆な意見も発する時もあるが


どうか大目に見て


私の石油に対する、自動車オイルに対する考え、言いたいこと


興味があればぜひ


耳を傾けてくれたら嬉しいと思う



posted by 博 at 21:08| Comment(0) | 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自称あぶら売り(潤滑油)!?

自称、オイル専門家・・・と言いたいが実はまだまだ知らないことも多い。

潤滑油の世界は奥深く、

どんなに知識を深めてもまだまだ解明されない謎もある。

だから俺は一生オイルの虜として生きるのだろう



オイルにとりつかれて早いもので25年経ってしまった

25年間オイルの世界にたずさわり、感じたことはただ一つ・・・

「オイルは生きている」

ということだ・・・植物が息するようにオイルも一生懸命「息」しているのだ。

車に乗っていいオイルを使うとだんだん体のセンサーが反応する・・・

それは皆さんも感じたことがあるだろうけれど・・・

体が感じるのはなぜか?

それはオイルが生きているからだ、息しているからだ



ただここで言いたいのは、生き生きしていない冷めた人間が世の中にいるように、

オイルだって死んだような冷めたオイルもあるということだ

どのオイルが死んでいるか、どんなオイルが生きているのか・・・

その見極め・・・これがすごい大切である

ぜひ皆さんに見極めてもらいたい

オイルの見方を誤ると皆様の車も死んでしまうから

生きている車はオイルを常に感じている



俺の頭の中はマトリックス状態

いつもオイルと会話をしている

なんだか変な人間に思えるかもしれないが、いたって普通なのでご安心を・・・



ここでは皆様にオイルの世界の神秘さを伝えたい思っている。

もちろん私が知っている範囲だけど・・・

少しでもオイルの世界を皆様も堪能してくれたら本当に嬉しい

だからこのブログを作った。

そして、車人間、オイルに少しでも興味があるならば・・・

そして、全然わからない人達だっていい、

いろいろ語っていきたいと思っている。



車は小さい頃からただただ好きだった。今でも車が好きで好きでたまらない。

私の心の恋人、よりどころ、癒し・・・である。

車大好きな皆様もどうぞこのブログに遊びにきて下さい。

皆様、どうかよろしくお願いします。



posted by 博 at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。