新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年09月17日

昨今の石油事情…19(原油価格高騰)


来るべくして来たリーマンブラザーズの倒産・破綻・・・

リーマンの次に危険な会社・・・

AIGグループ企業

日本では損害保険のAIU保険会社、アメリカンホーム保険会社、
生命保険のアリコジャパン、AIGスター生命、AIGエジソン生命のほか、
グループ会社が多数営業しています。

本体のAIGホールディング・・・
200億ドルの積み増し保障を昨日クリアー・・・
簡単に言ったら、
一回目の不当りを出しそうな経営状態・・・
それは何とか子会社の利益をかき集めて
何とかクリアーした。
でも来月までもたない!
生きている会社はなかなか買い手は付きにくい
むしろリーマンのように破綻した方が
買い手は付きやすい。
しかし、二束三文の価値だけど・・・
スキムを積んだマンパワーと
活動システムはかなり魅力的だろう・・・
FRBも中に入り仲介をしている・・・
買い手はイギリス???

アメリカの同業者達の支援金の組織を作れ
政府から肝いりで命令がでた
非常に短い時間で組織が出来上がった
750億ドルの資金がプールされている
AIGと同等の危機を迎えている会社が
まだ数社ある

規模は小さいが似たような趣旨で同じシステムが
日本にはあった
「たのもし・・・」(笑)

更にアメリカの日本でいう信金クラスや地方銀行クラスは
30〜40行だめだと烙印を押されている

バンクオブアメリカがメリルリンチを
瞬間に吸収合併したのとは訳が違う
AIGグループはこれからの
一ヶ月は毎日震えながら
眠れぬ夜を迎える・・・

恐らく来月は200〜400億ドル位を
積めと言って来るであろう・・・FRBは。
このまま株価の下落が続けば基準を割ってしまう

たぶんだめだろう!
終わりだろうAIG・・・

中東の比較的アメリカに協力的だった
各国の海外の投資部門も一気に引いた・・・
後は、公的資金か・・・
黒い裏金か・・・
同業者達の積み金か・・・
どれを考えてみても超難題山積みである


私の予定よりも1週間位早く、米国が壊れ始めた・・・
昨日、日本政府は今回のリーマン社破綻の影響は
あまり無い・・・と

いや、違うな・・・
あまりにも大きすぎて正直に言えないのが本当だろう!
もう現在の福田さんには何の意味も興味も無い事だ
無責任極まりない政治ゴロだ!あんたは・・・

昨日の株価を見たら納得でしょう・・・
日本がアメリカと同じように壊れていくかと言うと
それは無いが、いろんなところで台所の事情が
厳しくなった日本の大手金融機関
バブル崩壊で抱えた不良債権処理の経験は
多少もってはいるものの
本筋は変っていない
そしてその次にやる事は
民間企業に対しての貸し渋りによって
穴を埋めていこうとすること・・・
其の程度しか出来いない
日本の金融機関は・・・

リーマンの件で痛手を食らった
あおぞら銀行と新生銀行
要注意はこの二行
特に新生は無担保貸付8割近く
担保といっても今じゃただの紙切れ同然証券・・・
やってはいけない貸付でしょう・・・

あおぞら銀行は7割回収可能担保あり

新生は
レベル低っくいねー


栄枯盛衰・・・

驕れるもの久しからずや・・・

-----------------------------------------

(9/16) 湾岸産油国株、一斉に急落

 【ドバイ=松尾博文】サウジアラビアなど中東の湾岸産油国の株式市場は15日、米国発の金融不安の広がりに加え、原油価格の急落が嫌気され、一斉に急落した。サウジの代表的な株価指数TASIは前日比503.92ポイント(6.49%)下落。アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ証券取引所指数は4.35%、カタールのドーハ証取は7%、クウェート証取は3.8%の下落幅となった。

 米金融機関救済の資金の有力な担い手となってきた湾岸産油国の政府系ファンドは今回、慎重な姿勢を取っている。今年初頭に米シティグループやメリルリンチに出資したクウェート投資庁(KIA)は15日、国内株式市場の低迷に対処するため「国内市場への投資を増やす」との声明を発表。ロイター通信はUAEアブダビの政府系ファンド、ムバダラ開発のムハイリ最高経営責任者(CEO)が米金融機関への救済投資はしないと言明したと報じた。(13:31)
  
日本経済新聞より抜粋

-----------------------------------------

日本の石油各社は今何をしようとしているのか?

どことどこが更に合併するのか・・・

売り上げはこのままでは急降下・・・

末端のガソリンの価格をなかなか下げないのには訳がある・・・

今の100$/バーレルだと本来は

元売本来の卸価格は147~148円/L程度

が原油高騰前の水準であった

これに利益15円程度を上乗せすると

末端のスタンドでの販売価格は162〜163円/L

昨日あたりの東京都のセルフで同程度の価格が

出ていた。

売る側が大分無理をしているのは事実である


通常であればまだ170〜172円/L程度で販売している

早く元売は卸価格を下げる行動をとらなければ

更なる悲劇を生むことになる・・・



もう一度いう


栄枯盛衰・・・

驕れるもの久しからずや・・・

元売もよく理解してほしい・・・



昨今の石油事情…20(原油価格高騰)へ








 

posted by 博 at 01:47| 東京 ☀| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

昨今の石油事情…18(原油価格高騰)


(9/11)「ロシア売り」に拍車 株・債券・通貨のトリプル安

 【モスクワ=古川英治】グルジア紛争をきっかけとした「ロシア売り」に拍車がかかってきた。株・債券・通貨ルーブルの「トリプル安」が鮮明となっており、株価下落の勢いは1998年の経済危機以来で、通貨当局がルーブル安に歯止めをかけるため為替介入に動いている。欧米の批判をよそにグルジア各地の占領を続けるなどロシア政府は強硬姿勢を続けるが、原油価格の下落傾向が続く中、資金流出による経済への影響がどこまで深刻化するか読めない情勢だ。
 ロシアの代表的な株価指数であるRTS指数は南オセチア自治州を巡る武力衝突ぼっ発直前と比べ23%下落。5月中旬の高値と比べると下げ幅は40%を超えた。国内外の投資家がロシア売りを強める中で、債券相場も下落しており、指標のルーブル建て30年債の利回りはこの1カ月で1%強上昇(価格は下落)。ルーブルの対ドル相場は7月半ばの高値から約9%下げている。(09:41)


(9/11)ルーブル防衛に100億ドル ロシア中銀、グルジア紛争後介入

 【モスクワ=坂井光】ロシア政府・中央銀行が「ロシア売り」対策を強化している。中銀は8月上旬のグルジア紛争開始以降、100億ドル(約1兆700億円)規模のドル売り・ルーブル買い介入を実施。政府も政府系ファンドによる国内株買い支えに踏み切る見通しだ。これまでの成長の原動力であるエネルギー価格の下落も加わり、政策当局者の間で経済の先行きに危機感が広がっている。
 ロシア中銀のコリシチェンコ副総裁が日本経済新聞に対し、ルーブル下落を食い止めるため最近1カ月で「100億ドル弱を市場に売却した」と述べた。副総裁によると、中銀がドル売り介入したのは米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題がロシアに波及した昨年8月以来。ただ、当時の介入規模は30億―40億ドルで今回のルーブル売り圧力は1998年の経済危機に次ぐ大きさとみられる。(09:38)


(9/10)ロシア軍、グルジア領西部から撤退開始か


 【モスクワ=岐部秀光】グルジア紛争後、同国領の西部黒海沿岸にあるポチ近郊に駐留していたロシア軍の一部が10日、撤退作業を開始したことが明らかになった。メドベージェフ・ロシア大統領が8日、ロシアを訪問したサルコジ・フランス大統領に約束した合意に基づく措置とみられる。ロイター通信によるとポチから約40キロ内陸のホビでロシア兵が検問所を閉鎖し、コンクリート・ブロックなどを撤去したという。仏ロ首脳はグルジア西部ポチ、セナキ間にある5カ所に駐留するロシア部隊が1週間以内に撤退することで合意している。
 一方、グルジア警察は南オセチア自治州近くの「緩衝地帯」で10日、グルジア警官1人が銃撃を受け死亡したと発表した。ロシアの検問所方向から発砲があったというが、ロシア側は関与を否定。南オセチア、アブハジア自治共和国周辺に設けた「緩衝地帯」に駐留するロシア部隊は国際監視団の到着を待って、その後10日以内に撤退することになっている。
 

(9/8)民族浄化で公聴会 グルジア紛争で国際司法裁判所
 

 【ブリュッセル=下田敏】国家間の紛争を裁く国連の国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)は8日、南オセチア自治州などで民族浄化が行われたとするグルジアからの訴えを受け、公聴会を開始した。10日まで3日間にわたってグルジアとロシアに説明を求める。グルジア紛争を巡っては米国もロシアによる民族浄化などの戦争犯罪について国際的な調査を求めている。
 8日の公聴会ではまずグルジア側が、南オセチアやアブハジア自治共和国でロシアが1990年代からグルジア系住民の民族浄化を行ってきたと主張。さらに8月の攻撃で両地域のグルジア系住民らが退避などを迫られたと訴えた。

日本経済新聞より抜粋


--------------------------------------------------------------------------------



ロシアの動きは、本当に子供じみている。読みが浅く判断力が甘い・・・
メドベージェフ「大統領は若い!若すぎる、判断力が・・・
自分の後ろにどんな人物がいて誰の影響が大きいのか判断した時、
プーチン首相のバックが誰か、ロシアを自由してこれた
其の理由は誰?何?だったのか・・・

操り人形といわれても仕方が無い。
裏にいるのは誰だ???

ソビエト連邦の時代に戻りたいらしく、分離独立していった諸国に
もう一度連帯をしないかと声をかけているらしいが、
みんなそんなことが現実になると思っているのか??

ガスプロム社とプーチンの描いた夢物語・・・
天然ガス版OPEC構想
こんなことしてたら進むべく話しも没になってしまう
あせりすぎたか・・・
仕方が無いか、時間を掛ければ掛けるほど
先進国は原油の消費量はかなりのスピードで落ちていく

つい先日、日本の元売は15〜20%程度
原油の精製、製品の流通量を減らしていくと発表していた
この切実な話しは本当である
つまり製油所5箇所に一箇所は閉鎖なのである
今年の初めに43000店有ったガソリンスタンドの内
ほぼ9000店近くは要らないと言う事になる

現実今年から3000店程度のガソリンスタンドが
閉鎖に追い込まれている8月の段階で・・・

ほかの代替エネルギーに変わっていくのである
温暖化現象の低減措置のために
間違いなく各国に手かせ足かせがかかってくる

化石炭化水素系燃料は使えなくなると言うことが
まだ、ぴんと来てないのである
謂わば過渡的状態なのである
特に中進国には面白くない話しだが
仕方がないのである

しかし、先進国の進む道はゼロエミッションエネルギーを
拡大していくこと、そこに新規の大きなビジネスが
発生してくる。経済は落ち込みはしない
間違いなく活気付く・・・

ロシアが先走ったことをやってくれた
其の責任はロシアがとればいい
1998年のロシア経済危機一髪が起こったが
もっと酷い事になりそうだ

100億ドル程度の金の流出で経財相は危機が迫ってくると・・・

西側は今夏のサブプライムに端を発したヘッジファンドシステムの
崩壊で全世界に影響を出した金は、2兆1000億ドルにも
及ぶ金額である。

プーチンよ、何桁の数字が違うんだ・・・
算数できるのか?
西側が本気になるとこの程度の負の金額をショっても
何とかクリアーできるんだぞ・・・

兵糧攻め・・・さぞロシア国民は備蓄をしているんだろうな・・・
金も食料もその他すべてを・・・


こんなことをするロシアに対して何をすればいいのか??
もう既に自由な外貨は一気にロシアから引いていった。
戦争を仕掛けて何を失い、何を得ることが出来たのか
はなはだ疑問だ・・・

最後にババを引くのはプーチン、メドベージェフのロシアか・・・
仕方が無い、天罰だ
どこまで思い知らされるか、
ロシア国民が耐えられるのか・・・
まだ判断できない

KGBの影がどう動くか・・・
表舞台の責任のとり方は?どうするの??
次の大統領は?
救世主的なゴルバチョフのような人物が出てくるのか?
組織の怖さを知らないようだ・・・
このメドベージェフ大統領は・・・

生きるか死ぬかは

神のみぞ知る




昨今の石油事情…19(原油価格高騰)へ


 
posted by 博 at 11:02| 東京 ☀| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

昨今の石油事情…17(原油価格高騰)


サウジ石油相「原油需給はバランス」 減産主張国にクギ


 【ウィーン=清水泰雅】石油輸出国機構(OPEC)総会に出席のため、9日午前にウィーンに到着したサウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は記者団に対し、「原油の需給はバランスがとれている」と語り、OPECの生産枠を削減する必要はないとの考えを示した。総会を前に、減産を主張するイランなどにクギを刺した格好だ。

 ヌアイミ石油鉱物資源相はまた、「6月のジッダ会合以来、原油価格を今の水準まで下げるため、努力をしてきた」と発言。原油先物相場は7月に過去最高値の1バレル147ドル台をつけた後、下落したが、現状は低すぎる水準ではないという見方を示した。一方、OPEC加盟国では、イランのほか、ベネズエラ、リビア、アルジェリアなどが原油は供給過剰だと発言している。(22:01)


ドバイ原油が100ドル割れ 5カ月ぶり、石油製品の下げ圧力に
 
 アジアの原油市場の指標となる中東産ドバイ原油のスポット取引価格が9日、急落し、4月9日以来5カ月ぶりに1バレル100ドルを割り込んだ。ドバイ原油は、日本が長期契約で産油国から輸入する原油の価格算定基準の一つ。ガソリンや軽油など石油製品価格が先行き一段と下がる要因になりそうだ。

 ドバイ原油のスポットの終値(中心値)は1バレル99.55ドル。前日比2.10ドル(2.1%)安く、6日続落となった。 (19:48)



NY原油、一時103ドル台に大幅反落

 【ニューヨーク=米州総局】9日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅反落し、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の10月物は、約5カ月ぶりに1バレル103ドル台後半に下落した。石油輸出国機構(OPEC)がこの日開催する定例総会で生産枠据え置きを決定するとの観測が広まり、原油に売りが膨らんだ。午前9時15分(日本時間午後10時15分)現在、10月物は前日比2.16ドル安の104.18ドル。 (22:25)

以上 日本経済新聞より抜粋

------------------------------------------------------


さて、いよいよ原油が100$/バーレルを割り込んでくる

世界中の人達が望んでいたことである

OPECのサウジの
ヌアイミ石油鉱物資源相の発言は

とても常識的かつ進むべき道を淡々と語っている

私個人としては信頼したいと思う

ただし、今年の暮れには減産の決定をしなくてはならない


前にも言ったが原油は大変ダブついている

OPECも非OPEC諸国もロシアも・・・

昨日もロシアのスポット価格の情報が

悪名高いある東南アジアの国営石油系から来たが

笑ってしまった・・・



何でか?

つい一ヶ月前にはこのヤローと頭にくる程の

高値のアナウンスだったが、今回は

貴方の希望価格を考慮します・・・と



あほか?!

ブローカー価格なんかに興味はないと返事したが

それほど売れていない。

次は減産間違いなし・・・冬場の需要期にも関わらず・・・

もうヨーロッパやアメリカの超大手金融筋の言うようには

原油価格は動かない!

その原資が既に一度閉じられたからだ・・・

------------------------------------------------------

あまりにも原油のことばかりだと本当に暗くなってくる

日本にとって希望が持てるエネルギー話ないかな〜〜?

ちゃんとあるんです

風力発電、太陽光発電はゆうに及ばず

@ メタンハイドライド(ガス)

A 原子力発電

B 高速増殖炉

C MOX燃料だけで稼動する商業用原子炉

D 夢の低温核融合炉

E プラズマ溶融炉

などなど本当に沢山ある

これからは原油の話と同じように

新しいエネルギーの話も書いて行きたい


おまけにメタンハイドライドもかなり低いCo2発生度だが

後の発電方法はゼロエミッションだ!

日本の生きる道はここなんだ!


昨今の石油事情…18へ




posted by 博 at 00:20| 東京 ☀| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

昨今の石油事情…16(原油価格高騰)



(08/9/1)三菱UFJの誤算=ニューヨーク・発田真人

(日本経済新聞社)


 …「米国の地方銀行は年内に20行近く破綻してもおかしくない」。ウォール街のある金融関係者は「9月末あたりから地域金融の動乱が本格化する」とみる。今年第1四半期で不良債権比率が10%を超す地銀は約50行。15%超も約20行に上っている。…

(08/8/31)ロシア大統領、EU念頭に「制裁用意」 南オセチア軍事支援も
(日本経済新聞社)
 

 【モスクワ=古川英治】ロシアのメドベージェフ大統領は31日、国営テレビなどに出演し、「他国に制裁を発動する用意がある」などと表明した。欧州連合(EU)が1日の首脳会議で、グルジアとの停戦合意を無視するロシアへの対抗措置を協議することをにらみ、EU側が制裁などに踏み切れば強硬措置もありうるという考えを示した格好だ。

 大統領はグルジア領の南オセチア自治州とアブハジア自治共和国をロシアが一方的に独立承認したことについて「撤回はありえない」と言明。両地域と協力協定を締結し、軍事面も含めた支援を強化する方針を示した。「平和維持」の名目で駐留させる軍の増強とともに、両地域を越えてグルジアで展開する軍の活動も正当化する可能性がある。

 欧米はグルジア各地を占領し続けるロシアに対する非難を強め、軍の完全撤退と南オセチアなどの独立承認の撤回を求めている。欧州は石油と天然ガス需要の3割前後をロシアからの調達に依存しており、同国がエネルギー供給を欧州への報復に利用する恐れも指摘されている。

----------------------------------------------------------------


最近ゆ〜〜くりと、このグルジアやロシア、アメリカ、ユ〜ロ圏の事を
考えていると、当面の原因と考えられる事は、「金・金・金・・・」

この原因になった焦げ付いた金、225兆円とも言われている
アメリカのサブプライム問題が抱えている「焦げ付いた金・・・」
このサブプライムなるシステムを考えたウォールストリート育ちの
一部の金融のプロフェッショナル(自称)達が構築した
ヘッジファンドシステム・・・

その崩壊が今回の結論なのかな・・・
実態の取引(製品の関わらないビジネス)が無い仕事・・・
そして、ヘッジシステムを考えた当時の情報システムの持っていた
絶対的なスピードをはるかに上回る現在のIT機器の充実・・・
金融関係者が考えていた以上の展開スピードに
当事者の人間達がついていけていない・・・

お粗末な結末・・・

千載一隅のチャンスが来たと判断した闇商人達・・・

スイスを中心にした二重三重とも言われる
深く眠った未曾有の裏流通から出てくる闇の資金・・・
その資金が一度先物市場から回収され、
彼らの懐には、巨万の富・・・

それを目の当たりにしている大国の権力者達・・・
自分達もそのおこぼれにありつこうとしている。
戦争の特需を人為的に作り上げ
そこでいくつかの新兵器を試す・・・
そして最終的な兵器の販売に結びつけるのに
グルジアが格好のまとになっている。

そこでの火力の状況を見て、イラン、アフガニスタン
一部パキスタン等の軍事力の増強を図ろうとしている。
もうすぐ、100$/バレルを割り込もうとしている。
この時にタイムリーにイランはこんな発表をした。

原油価格は100$を割り込むことは望ましくない・・・と

イランは今、軍事力の増強に躍起になっている。
原子力潜水艦、大陸間弾道弾(ICBM)、航空母艦・・・
偵察衛星・・・などお金が掛かってしょうがない。

この話はフィクションではありません・・・
ノンフィクションです。

3時間前に、ミドルイーストのある国の石油関係者から
一通のメールが来ました。

クルードを裁いてほしい・・・
日本と中国以外で、LC決済が可能な国
そして、火力発電向けに出したいと・・・

原油は中東では有り余っているのである・・・
売れないのである
値段が下がるのである。
一国の軍事費をまかなうために原油はあるのでは無い

人間の英知はくじけないのである
石油化学の製品を使わない社会へ移行が始まったのである。

日本よ頑張れ・・・
技術力を今こそ、花咲かせろ・・・
強力(協力)にこの日本を牽引することが出来る
侍・総理大臣よ出て来い

アメリカが今、壊れていこうとしている・・・
日本のバブル崩壊なんてもんじゃない
注意深く見続ける必要がある。



昨今の石油事情…17へ


posted by 博 at 02:18| 東京 🌁| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。