新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年09月17日

昨今の石油事情…19(原油価格高騰)


来るべくして来たリーマンブラザーズの倒産・破綻・・・

リーマンの次に危険な会社・・・

AIGグループ企業

日本では損害保険のAIU保険会社、アメリカンホーム保険会社、
生命保険のアリコジャパン、AIGスター生命、AIGエジソン生命のほか、
グループ会社が多数営業しています。

本体のAIGホールディング・・・
200億ドルの積み増し保障を昨日クリアー・・・
簡単に言ったら、
一回目の不当りを出しそうな経営状態・・・
それは何とか子会社の利益をかき集めて
何とかクリアーした。
でも来月までもたない!
生きている会社はなかなか買い手は付きにくい
むしろリーマンのように破綻した方が
買い手は付きやすい。
しかし、二束三文の価値だけど・・・
スキムを積んだマンパワーと
活動システムはかなり魅力的だろう・・・
FRBも中に入り仲介をしている・・・
買い手はイギリス???

アメリカの同業者達の支援金の組織を作れ
政府から肝いりで命令がでた
非常に短い時間で組織が出来上がった
750億ドルの資金がプールされている
AIGと同等の危機を迎えている会社が
まだ数社ある

規模は小さいが似たような趣旨で同じシステムが
日本にはあった
「たのもし・・・」(笑)

更にアメリカの日本でいう信金クラスや地方銀行クラスは
30〜40行だめだと烙印を押されている

バンクオブアメリカがメリルリンチを
瞬間に吸収合併したのとは訳が違う
AIGグループはこれからの
一ヶ月は毎日震えながら
眠れぬ夜を迎える・・・

恐らく来月は200〜400億ドル位を
積めと言って来るであろう・・・FRBは。
このまま株価の下落が続けば基準を割ってしまう

たぶんだめだろう!
終わりだろうAIG・・・

中東の比較的アメリカに協力的だった
各国の海外の投資部門も一気に引いた・・・
後は、公的資金か・・・
黒い裏金か・・・
同業者達の積み金か・・・
どれを考えてみても超難題山積みである


私の予定よりも1週間位早く、米国が壊れ始めた・・・
昨日、日本政府は今回のリーマン社破綻の影響は
あまり無い・・・と

いや、違うな・・・
あまりにも大きすぎて正直に言えないのが本当だろう!
もう現在の福田さんには何の意味も興味も無い事だ
無責任極まりない政治ゴロだ!あんたは・・・

昨日の株価を見たら納得でしょう・・・
日本がアメリカと同じように壊れていくかと言うと
それは無いが、いろんなところで台所の事情が
厳しくなった日本の大手金融機関
バブル崩壊で抱えた不良債権処理の経験は
多少もってはいるものの
本筋は変っていない
そしてその次にやる事は
民間企業に対しての貸し渋りによって
穴を埋めていこうとすること・・・
其の程度しか出来いない
日本の金融機関は・・・

リーマンの件で痛手を食らった
あおぞら銀行と新生銀行
要注意はこの二行
特に新生は無担保貸付8割近く
担保といっても今じゃただの紙切れ同然証券・・・
やってはいけない貸付でしょう・・・

あおぞら銀行は7割回収可能担保あり

新生は
レベル低っくいねー


栄枯盛衰・・・

驕れるもの久しからずや・・・

-----------------------------------------

(9/16) 湾岸産油国株、一斉に急落

 【ドバイ=松尾博文】サウジアラビアなど中東の湾岸産油国の株式市場は15日、米国発の金融不安の広がりに加え、原油価格の急落が嫌気され、一斉に急落した。サウジの代表的な株価指数TASIは前日比503.92ポイント(6.49%)下落。アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ証券取引所指数は4.35%、カタールのドーハ証取は7%、クウェート証取は3.8%の下落幅となった。

 米金融機関救済の資金の有力な担い手となってきた湾岸産油国の政府系ファンドは今回、慎重な姿勢を取っている。今年初頭に米シティグループやメリルリンチに出資したクウェート投資庁(KIA)は15日、国内株式市場の低迷に対処するため「国内市場への投資を増やす」との声明を発表。ロイター通信はUAEアブダビの政府系ファンド、ムバダラ開発のムハイリ最高経営責任者(CEO)が米金融機関への救済投資はしないと言明したと報じた。(13:31)
  
日本経済新聞より抜粋

-----------------------------------------

日本の石油各社は今何をしようとしているのか?

どことどこが更に合併するのか・・・

売り上げはこのままでは急降下・・・

末端のガソリンの価格をなかなか下げないのには訳がある・・・

今の100$/バーレルだと本来は

元売本来の卸価格は147~148円/L程度

が原油高騰前の水準であった

これに利益15円程度を上乗せすると

末端のスタンドでの販売価格は162〜163円/L

昨日あたりの東京都のセルフで同程度の価格が

出ていた。

売る側が大分無理をしているのは事実である


通常であればまだ170〜172円/L程度で販売している

早く元売は卸価格を下げる行動をとらなければ

更なる悲劇を生むことになる・・・



もう一度いう


栄枯盛衰・・・

驕れるもの久しからずや・・・

元売もよく理解してほしい・・・



昨今の石油事情…20(原油価格高騰)へ








 

posted by 博 at 01:47| 東京 ☀| 石油製品・原油価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。